スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また!?京都2

今回お世話になった「旅館こうろ」さん。

床の間には、ちゃんとお花が活けてあり
大徳寺の和尚さんの筆で
「一期一会」と書かれた掛け軸がかかっていて
京都に来た〜!って感じでした。

最近は宿泊客の半分は外人さんだと
仲居さんが話してくれました。

旅館の仲居さんは、とても気さくな方で
テキパキと、いろいろとお世話をしていただきました。

息子に、
「あら〜!すごいイケメン!」
さすが、お世辞も上手です。


お布団をしいてもらうのも、お部屋での食事の支度も
もう本当にぜ〜んぶ、至れり尽くせり。


翌日は早起きして、パパと息子が寝ている間に
娘と二人で、大浴場にレッツゴー!
ひと風呂浴びてきました。

お部屋での朝食は、湯豆腐もついていて感激!
思わず写真を撮りました。

品数も十分すぎるほど。
美味しい朝食でした。

旅館写真_convert_20151013201102


とっても快適なお宿でした。
またいつか京都に行ったらおじゃましたいです。
ありがとうございました。


2日目は伏見稲荷へ。
圧巻の千本鳥居。

伏見稲荷写真_convert_20151009204807

上まで登ってみようということで
軽い気持ちでスタートしたんですが
ここから、すごーく、すごーく、ひたすら歩くのです。

入り口は大勢の観光客で賑わっていますが
上に行けば行くほど、徐々に減ってきます。

多分、私も女同士で来ていたら
途中で、もうこの辺まででいいよねと
適当なところで納得(挫折)して降りていたと思うんですが
子供達が張り切ってどんどん先に行ってしまうので、
必死について行きましたが
最後にはもう膝がガックガクでした。

上に行けば行くほど、
自動販売機の飲み物の値段が
少しづつ上がっていました。
でも、しんどいから絶対にお茶を飲みたくなるんです。
う・・・高い・・・と言いながらも、やっぱり買ってしまいました。
スポンサーサイト

また!?京都

もういいだろ?

そんな声が聞こえてきそうですが、また京都に行ってきました。



息子にとっては、つい数ヶ月前に修学旅行で行ってきたばかりの京都。


「また!?」

「天神さんにしっかり合格祈願しないと

志望校の合格ラインギリギリなんだからね!!」

というような、半ばこじつけ的な理由により決行となりました。


その時間を勉強に費やすのが本来の姿ですが・・・・・

困った時の神頼みとは、典型的な日本人のうちの家族です。



今回の旅の一番の目的、北野天満宮からスタートです。

まずは絵馬を奉納し、学問の神様に

しっかりお願いしてきました。


もう大丈夫!

あとは勉強するだけです。



そして、また北野天満宮へ来たら

絶対これ食べなきゃ

ということで、長五郎餅を購入。

このふんわり具合がなんとも言えずおいしくて。




「旅館こうろ」さんにチェックインしてから

旅館周辺をぶらぶらと探索。

旅館の周辺には、錦市場や寺町、食事する場所も多くあり

京都観光にとても便利なエリアです。

すぐそばに六角堂という、とても趣のあるお寺があります。

柳におみくじがいっぱい結んでありましたが

ガイドブックによれば、このお寺は縁結びのご利益があるとか。

また、いけばな発祥の地でもあるそうです。

六角堂写真_convert_20151008210430



ところで、息子から聞いたのですが

うちの息子は、京都に行くたびに、

サッカーのチームメイトにお土産を配っているので

コーチは、てっきり

「おばあちゃんちが京都にある」

と勘違いしていたそうです。



カフェ

このカフェに、いつか娘と一緒に来たいなと思っていました。

大通りから少し中に入った住宅街にあるので
ちょっとわかりにくい場所。

もえ写真


今からさかのぼること13年前。

子供が生まれてから、しばらくの間
家事と育児に専念していました。
でも、それまでずっと外で働いていた私は
ずーっと家にいることが、
正直、少しキツくなってきた時期がありました。


そこで、月に2回だけ、子供を実家に預け
フラワーアレンジメントの教室に通うことにしました。

お花に没頭していると、時間が過ぎるのもあっという間でした。
子供と少しだけ離れ、趣味の時間を過ごす
当時の自分には最高の贅沢。
両親に感謝です。

その時に知ったのが、教室の近くにあった
このカフェでした。

落ち着いた、とてもいい雰囲気で
ケーキもおいしくて、
ゆったりと過ごせるこのお店も
お花の先生に教えてもらいました。

お花はもうずっと前にやめてしまったのですが
今は、子供達もすっかり大きくなり
娘とこうして一緒にお店に来られて
ちょっと懐かしく、感慨深いものがありました。

京都 2014 続編

京都 2日目。

早めに起きて朝食。

朝食は懐石風で、「お寺のホテル」でもじゅうぶん豪華でした。

ホテルをチェックアウトして

修学旅行の定番、金閣寺から

二日目はスタートしました。


金閣寺写真_convert_20141112202753

金閣寺はやっぱりインパクトがありますね〜

朝から制服姿の学生さんや外人さんもいっぱい!!

写真を撮る場所も順番待ちでした。


金閣寺の広い庭園をしばらく歩いて行くと

お抹茶をいただける休憩所がありました。

木陰でちょっと一服。こういう所で気軽にいただけるのがいいですね。

金閣寺お茶_convert_20141113141532


金閣寺周辺はいい感じのお寺が点在しています。

仁和寺も壮大なお寺です。

特に桜の時期はとても観光客が多いそうです。


次は、枯山水で有名な龍安寺へ。

このお寺の庭には、面白いつくばいがあって

つくばいというのは、茶室に入る前に手や口を清める手水鉢のことですが

水が入っている真ん中の四角い穴が

4つの漢字の「口」として使われ

写真ではわかりにくいかもしれませんが

「吾唯知足」(われ、ただ足るを知る)と刻まれています。


つくばい_convert_20141113141457

足るを知ること

あれもこれも欲張ってはいけないよと言ってるわけですね。


「茶禅一味」と言って、茶道には関わりが深い禅語ですが

私の場合、悟りの境地にはまだまだです。



てくてく歩いていたら

こんな京都らしい?自動販売機を発見しました。

龍安寺写真_convert_20141112203033




嵐山に着いたら、原宿並みの混みようでした。

さっきまでの静けさはどこへやら

秋の渡月橋は半端ないですね。

嵐山で行こうと思ってチェックしていたお店も

すごい行列だったので断念!

京都の食事する場所って、前もって調べて行かないと

うっかり入ったらすごい高かったりするので

下調べして行ったのに残念でした。

でも、また次回のお楽しみができました。



さて、旅のテーマにしたつもりの「安土桃山」ですが

金閣寺は室町、嵐山もあまり関係なかったですね。








京都 2014

家族4人で京都に行ってきました。

大徳寺で織田信長の木像の特別拝観があると知り、

今回は、勝手に自分の中で「安土桃山の旅」とテーマを決めて

計画を立てました。


前回の京都は日帰りで、思い残しが少しあった感じだったので

今回は1泊で。

1泊ならちょっと欲張って、いろいろ行ってみよう!と、はりきって

はじめは、ここにも見たいし、あそこも行ってみたいと

盛りだくさん計画したのですが

冷静に考えると、普段全然歩かないんだから

一日でそんなに歩けるはずがないと気づき

ここだけは絶対に外せないという所をしぼり

一番の目的、大徳寺周辺と嵐山というコースに決めました。




まずは北野天満宮でお参り。

七五三のお参りに来ている家族連れもたくさん見かけました。


実は私、ここで食べたかったものがありました。

豊臣秀吉が、ここ北野天満宮で開いた北野大茶会で

気に入って名前をつけたという「長五郎餅」

茶席でも使われるそうで、以前読んだ本にも紹介されていました。

本当は、その場ですぐに食べたかったのですが

ちょうど昼時で、ランチに差し支えるといけないということで

グッとがまんして、ホテルについてすぐ食べました。


おいしかったですよ〜

ちょうどいい甘さで、口溶けがよくとっても柔らかくて・・・

京都に行ったら、絶対にまた食べたいと思います。

北野写真_convert_20141112203102

北野天満宮からすぐのところに、上七軒という通りがあります。

この通りは、京都らしい落ち着いた町並みでとても素敵。

ふた葉さんというおそばやさんに入りました。

ここも、ぜひまた行きたいお店の一つです。

上七軒写真_convert_20141112203001


今回の一番の目的、大徳寺は、

すごーく広いお寺です。

信長の菩提寺の総見院の他にも、敷地内に塔頭がいくつもあります。

それぞれに見所があり、ゆっくり2時間以上かけて見学しました。


信長の木像は2体作られ、その一つが今回の特別拝観となっているもので

もう一つは火葬され、お墓に。

信長好きの娘と一緒に、手を合わせてきました。

私たちが見学していたら、和尚さんがいろいろ説明してくれて、

利休と秀吉にまつわる興味深いお話も聞けて、

本当にラッキーでした。

大徳寺は歴史を感じる、静かないいお寺。

何度も京都へ来てるのに、なんで今までここへ来なかったんだろう?と

惜しくなる気持ちでした。

それとも、この年になったから、いいと感じるのかな・・・?


さて、宿泊は妙心寺すぐ横の花園会館。

ホテル写真_convert_20141112201540

1泊朝食付きの宿泊プランだったので

夕食は、ホテルから歩いてすぐのキッチンマスダさんという洋食屋さんで。

ガッツリ食べたい中学生の息子も大満足のお店。

お店の奥さんもとっても感じがよくて印象的でした。

来年もここに泊まって、またこのお店でコロッケ定食が食べたいな〜と

話しながらホテルへ戻りました。



2日目はまた次回・・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。